2017年11月05日

これぞオールマイティーな雷魚ロッド  ティムコ フェンウィックFAV−SH 75CXHJ パラダイスクリーク
















パラダイスクリークといえば、かつてはG1を4勝し、

ジャパンカップにも出走したアメリカの競走馬である。

そんな名馬と同じ名を持つは、

こちら「フェンウィックFAV−SH 75CXHJ」。

主にクリークなどの中〜近距離戦を攻略するために

開発された雷魚ロッドである。

その操作性は抜群で、とにかく使いやすいの一言に尽きる。

中〜近距離の攻略用にとどまるロッドでもない。

遠投しても力の抜けがスムーズだし、沖合でのフッキング、

寄せるためのバッドパワー、どれをとっても過不足なし
といった印象。

まず1本雷魚ロッドを持つなら、シーズンを通して1本で遊ぶなら、

私は迷わずこのロッドを選ぶ。

一点特筆しておくなら、魚をカバー内でカケてから本領発揮する

その「粘り」の強さ
にある。

旧来の雷魚ロッド必須条件でもあったスムームかつ安心感のある

粘り強いパワーに、現代の雷魚ロッドとも言える

「軽さ」や「操作快適性」を見事に融合させてある。


古くからの雷魚マンをも十分に唸らせること請け合いのロッドである。



●長さ 7.5ft
●重量 257g
●適合ライン PE 8-10号



推奨エリア…(イメージ)
karehishiippainoike.jpg



【雷魚ロッド - フェンFAV-SHの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181216153

この記事へのトラックバック